【FileMaker 19対応】ファイルメーカーの使い方を覚えたいあなたの為のブログ「データを登録する機能」

2021年03月30日 10:18 AM

Claris FileMaker 19


こちらは「ファイルメーカーの使い方を覚えたいあなたの為のブログ」をClaris FileMaker 19対応にリニューアルした記事です。

 

今回は、第2回目「データを登録する機能」ということで、

・新規レコードの作成

・リレーションを利用したレコードの作成

の2つをご紹介したいと思います。

 

このブログは全12回のシリーズです。

①データを入力する器を作成する機能 V15V17V18V19

②データを登録する機能 V15V17V18|V19  ←今回はここです

③データを消去する機能 V15V17V18V19

④データを変更する機能 V15V17V18V19

⑤データをインポートする機能 V15V17V18

⑥データをエクスポートする機能 V16V17,18

⑦データを表示する機能 V16V17,18

⑧データを表示する画面を作成する機能 V16V17,18

⑨画面を印刷する機能 V17,18

⑩データを共有する機能 V17,18

⑪処理を自動化する機能 V17,18

⑫セキュリティに関する機能 V17,18

 

 

◇新規レコードの作成

Claris FileMakerでは、基本的にはレコードのない状態でデータを入力することができません。

(例外は後程ご紹介します。)

レコードがない状態(下の赤枠部分の合計レコードが0の状態)でフィールドをクリックすると下図のようなダイアログが表示されます。

そのため「先にレコードを追加する」という手順が必要になります。

レコードを追加するためには、ステータスツールバーの「新規レコード」をクリックします。

「新規レコード」を1回クリックすると、「合計レコード」に1レコード追加されます。

レコードに情報を入力し、レコードを確定させる動作をすることで情報が登録されます。

レコードを確定させる動作は以下です。

・フィールド(入力欄)の外側をクリックする

・テンキーのEnterキーを押す(デフォルト設定の場合、文字キーボード側のEnterキーを押すと改行になります。)

Windows:テンキーの Enter キー、または Ctrl + Enter

macOS:テンキーのenter キー (return キーでは確定されません)、または fn – return

・他のモードに切り替える

・他のレコードを選択する

・他のレイアウトに切り替える

 

レコードが確定される前であれば、入力したデータを元に戻す(データベース格納値に戻す)ことが可能です。

メニューバーの【レコード】→【レコード復帰】を選択します。

【レコード復帰】がグレー表示されている場合は、データがすでに確定されているということになります。

テーブルが複数ある場合、どのテーブルにレコードが増えるのか?ということを正しく把握する必要があります。

定義すると

新規レコードボタンを実行したレイアウトに設定している、テーブルオカレンスの、データソースとなっているテーブル

ということになるのですが、テーブルオカレンスの概念は少し難しいので、まずは

新規レコードボタンを実行したレイアウトに設定しているテーブル

と認識して頂ければ良いと思います。

 

レイアウトモードに切りかえることで、レイアウトに設定しているテーブルを確認することができます。

 

画面の右上にある「レイアウトの編集」をクリックすると、レイアウトモードに切り替えることができます。※(通常はブラウズモードになっています)

※ショートカットキーは

Windows:Ctrl+L

Mac:⌘-L

モードは全部で4つあります。

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━━-━-━-━-━-━-━-━-━

それぞれのモードについては、別の回で詳しくご紹介します。

ブラウズモード     :第7回「データを表示する機能」 (Ver.18はこちら
検索モード       :第7回「データを表示する機能」 (Ver.18はこちら
レイアウトモード    :第8回「データを表示する画面を作成する機能」 (Ver.18はこちら
プレビューモード    :第9回「画面を印刷する機能」 (Ver.18はこちら

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━━-━-━-━-━-━-━-━-━

レイアウトモードにすると、下図のようにレイアウトバーに「テーブル:○○」という表記があります。ここに表記されているのがレイアウトに設定されているテーブルです。(正確にはテーブルオカレンス)

レイアウトモードからブラウズモードに戻るには右上の「レイアウトの終了」をクリックします。

※ショートカットキーは

Windows:Ctrl+B

Mac:⌘-B

 

例えば、顧客テーブルと見積テーブルが存在するファイルで、

「現在は顧客テーブルを設定したレイアウトを表示しているが、見積テーブルに新規レコードを作成したい」

という場合は、下記の手順をとります。

①見積テーブルを設定しているレイアウトに切り替え

②新規レコード作成

 

ブラウズモードでレイアウトを切り替える方法は

ステータスツールバーの「レイアウト:○○」というレイアウト名の表示部分で切り替える方法と【表示】→【レイアウト切り替え】から選択する方法があります。

 

■切り替えたいレイアウトが候補に表示されない場合

メニューバーの【ファイル】→【管理】→【レイアウト】でレイアウトの管理画面を開き、

左端のチェックボックスを確認します。チェックを付けていないとブラウズモードでレイアウト候補として表示されません。

 

◇リレーションを利用したレコードの作成

 

続いて、「リレーションを利用したレコードの作成」についてご紹介します。

先にお伝えした通り、レコードを作成するためには、レコードを追加したいテーブルが設定されているレイアウトに切り替えて「新規レコード」をクリックします。

では、ポータルなどを使って、レイアウトに設定されているテーブルとは別テーブルにあるレコードを追加したい場合はどうでしょうか。

いちいちレイアウトを切り替えてレコードを作成するのは手間だと思います。

リレーションの設定をすることでレイアウトを切り替えずにレコードを作成できます。

まずは設定方法を見ていきます。

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━━-━-━-━-━-━-━-━-━

リレーションとポータルについては、第7回「データを表示する機能」の回でご紹介しますが、以下のブログでも詳しくご紹介していますので、よろしければご覧下さい。

◆リレーションシップグラフを読み解いてみよう

https://ywc.com/filemaker/?p=2502

◆難しいことは考えず、とにかくFileMakerでポータルを使ってみよう!

https://ywc.com/filemaker/?p=1105

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━━-━-━-━-━-━-━-━-━

■設定方法

メニューバーの【ファイル】→【管理】→【データベース】からデータベースの管理画面を開き「リレーションシップ」タブで設定をします。

 

下図の四角のかたまり1つ1つをテーブルオカレンスと呼びます。

リレーションを設定する2つのテーブルオカレンスのフィールド同士をドラッグアンドドロップでつなぎます。

今回は「顧客」テーブルオカレンスの「顧客ID」と、「見積」テーブルオカレンスの「顧客ID」をつなぎます。

すると、次のような状態になります。

続いて、リレーションの真ん中にある「=」をクリックするとリレーションシップ編集画面が開きます。

編集画面下部の「見積」の「このリレーションシップを使用して、このテーブルでのレコードの作成を許可」にチェックを付けて、「OK」をクリックして設定は完了です。

 

■動作の確認

下図のレイアウトを使って実際の動作を見ていきます。

「顧客」テーブルを設定したレイアウト上で「見積」テーブルのレコードをポータルで表示しています。

あらかじめ「顧客」テーブルのレコードは追加しています。

先程の設定によってポータル内に入力欄が表示され、データが入力できるようになっています。

このレイアウト名を「顧客_見積」とします。

 

以下は「見積」テーブルを設定しているレイアウト(レイアウト名を「見積」とします)です。

冒頭でご説明したように、このレイアウト上でデータを入力するには新規レコードの追加が必要です。レコードが0個の状態では以下のダイアログが表示されます。

ですが、先程の設定により「見積」レイアウト上のレコードが0でも、「顧客_見積」レイアウトのポータルからレコードを作成することができます。

動作を確認するため、レコード数は0のままで「顧客_見積」レイアウトに切り替えます。

そしてポータルでデータを入力して確定します。

「見積」レイアウトに戻ります。ポータルで作成したレコードが1つ追加されているのが確認できます。

このように「リレーションを利用したレコードの作成」では、レイアウトを切り替えて新規レコードを追加する、という作業をしなくてもポータル機能などを使って関連するレコードを作成することができます。

 

以上が、「データを登録する機能」のご紹介となります。

次回、第3回の内容は「データを消去する機能」です。

最後までお読みいただきありがとうございました!