新しいFileMaker 13のライセンスについて アップグレード、ダウングレード

2013年12月06日 12:20 PM

FIleMaker 13


FileMaker 13 では WebDirect の機能が追加されたこともあり、

ソフトウェアやライセンス形態に大きな変更があります。

今回はアップグレードについてまとめてみました。

 

 

■アップグレード有効期限と対応バージョン

 

FileMakerボリュームライセンス バージョン10

→2014年9月27日まで

 

FileMakerボリュームライセンス バージョン11・12

→2014年9月28日以降も可能(2013年12月4日時点)

 

 

■アップグレードで大きく変わったところ

 

バージョン12まではFileMakerServerとFileMakerServer Advancedという商品がありましたが、

バージョン13からは1つの製品にまとまった事により以下のようになります。

 

既存ライセンスのFileMakerServer Advanced(10、11、12)を所有している場合のアップグレード

・AVLA/VLAのメンテナンスが有効なユーザー FMS13 + WebDirectでの25ライセンスの同時接続

・ASLA/SLAのメンテナンスが有効なユーザー FMS13 + WebDirectでの無制限の同時接続

(ただし、50ライセンスの同時接続までしかFileMaker社では動作検証されてません。)

 

その他のユーザー

・FMS13アップグレード購入

 

ちなみに上記でWebDirectでの同時接続動作検証は50までと触れてますが、FileMakerPro13やFileMakerGO13からの

同時接続はこれまで通り無制限です。

 

 

■ダウングレードについて

 

FileMakerServerのダウングレード

 

・FileMakerServer11、12へダウングレードしたい場合

FMS13 + 5同時接続 + DGキー を購入する必要あり。

 

・FileMakerServer Advanced11、12へダウングレードしたい場合

FMS13 + 15同時接続 + DGキー を購入する必要あり。