FileMaker 13 の新機能  ~ポップオーバー編~

2013年12月05日 10:00 AM

FIleMaker 13


ファイルメーカー13 (FileMaker 13)の新機能シリーズ第ニ弾 です!
今回は 「ポップオーバー」 の機能についてご紹介します。

「ポップオーバー」とは、他のレイアウトやウィンドウに移動せずに、フィールドやオブジェクトを表示できる機能です。
ポップオーバーを作成してみましょう。

まずレイアウトモードにし、「ポップオーバーボタン」を配置します。
02-001

ボタンを配置すると「ポップオーバー設定」とともにポップオーバーオブジェクトが表示されます。
02-002
■ポップオーバー設定■
一番上は、ポップオーバーのタイトルの設定です。

▽計算式でタイトル設定可能です。
(ここでは「ポップオーバー」の文字をタイトルにしています。)
02-003

▽チェックボックスをはずすとタイトルバーが消えます。
02-004

▽真ん中のボタンで、ポップオーバーの配置方向を設定できます。
02-005

 

では、ポップオーバーオブジェクトの上に、「住所フィールド」「webビューアー」を配置してみます。
02-006

ブラウズモードにしてみます。
まだボタンを押していないので、何も表示されません。
02-009

ポップオーバーボタンをクリックするとポップオーバーオブジェクトが表示されます。
02-010
検索でも、ポップオーバー上のフィールドを使用することができます。
02-011

 

また、メニューに配置することで、サブメニューとして利用できます。

吹き出しアイコンをクリックすると、
・電話をかける(電話アイコン)
・メールを送る(メールアイコン)
・現在地からのルートを表示する(車アイコン)
を選ぶことができます。

02-012

今まで、ウィンドウを開いたり、レイアウトを移動したりして見せていたデータなどをもっと気軽に同じレイアウトで見せることができますね。
ただしポップオーバーオブジェクトは印刷することはできませんので注意してください