【テンプレート紹介】入力データの復帰ができる編集機能ファイル【Commit Control】

2020年04月27日 03:00 PM

商品案内


テンプレート「Commit Control」をご紹介します。

 

データの編集内容を保存する、キャンセルして元に戻す機能を実装したテンプレート です。

グローバル変数とOnRecordCommitスクリプトトリガを使用してデータの確定するタイミングを制御しています。

 

 

○テンプレートのダウンロードはこちらから

CommitControl.zip(411KB)

 

 

○テンプレートの使いどころ

FileMaker Pro Advanced ではフィールドからカーソルが外れたりEnterキーを押したりするとデータが確定されます。

データが確定された後は入力前の状態に戻すことはできません。

「Excelのように色々編集したあとに保存せずに戻したい」という方や

「データを間違えて変えてしまった!前に何が入っていたか分からない」

というトラブルを事前に防ぎたいという方は、ぜひこの機能を付けてみてはいかがでしょうか。

 

 

○このテンプレートを使ったセミナー動画

テンプレートを使った入力データの復帰ができる編集機能の実装方法を紹介しています。ぜひご覧ください!

https://www.filemaker.com/jp/learning/webinars/recorded_webinar.html?v=20191211_fm18_data-revert.mp4

 

 

○レイアウトと使い方のご紹介

■編集内容の保存

「編集開始」ボタンをクリックして編集を開始し、「編集確定」ボタンをクリックすると入力した値が確定されます。

※「編集開始」ボタンをクリックせず、入力をした場合は、入力した値は確定されずフィールドは入力前の値に戻ります。

 

■編集内容のキャンセル

「編集キャンセル」ボタンをクリックすると、「編集開始」ボタンをクリックする前のデータの状態に戻ります。

 

■新規作成

「新規作成」ボタンをクリックすると、編集画面に遷移します。データを入力して「編集確定」ボタンをクリックするとレコードが作成されます。

「編集キャンセル」ボタンをクリックすると、レコードは作成されません。

※【顧客No.】などでシリアル番号の設定がされている場合、シリアル番号は『確定時』に採番します。「新規作成」ボタンをクリックした際に採番をすると、キャンセルした際に番号が欠けてしまうことがあるためです。

 

 

 

 

○テンプレートについての注意点

弊社は、FileMaker Pro Advanced、FileMaker Go、FileMaker Server、および外部連携の学習を目的としてトレーニング用のサンプルファイルを提供します。当該ファイルを提供する目的は、FileMaker プラットフォームにおけるデータベース構造の学習および外部連携に関する知識を深めるために作成されたものです。本ファイルは、商用サービスで提供する目的では提供されておりません。本ファイルは、完成された本番環境で利用するソリューションとして、もしくは、外部システムとの連携稼働を補償するものではありません。なお、当該ファイルに記述されたデザインおよびアイコンなどの画像は、制作者に帰属し、再頒布を認めるものではありません。

 

 

○免責事項

弊社は、本ファイルおよび、外部システムとの連携に関して一切の動作保証を致しません。このファイルに不備があった場合も訂正する義務を負いません。お客様がこのファイルにより、直接または間接的に損害を生じたとしても、いかなる責任および義務をも負わないものとし、一切の賠償も行わないものとします。このファイルの情報は、一部の機能を除き、無料で提供されています。このファイルを利用した情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。このファイルが紹介しているソースやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。