FileMaker 13 の新機能  ~フィールドピッカー編~

2013年12月04日 01:01 PM

FIleMaker 13


本日(2013年12月4日)、FileMaker 13 (FileMaker Pro 13、FileMaker Server 13、FileMaker Go 13)が発売されました!

そこで、本日から「ファイルメーカー13 (FileMaker 13)の新機能」 について、シリーズでご紹介していきます。
今回は、第一弾 「フィールドピッカー」 の機能についてご紹介します。

 

以前のバージョンでは、レイアウトウィザード以外に1度に沢山のフィールドを配置できませんでした。
新しく追加された「フィールドピッカー」を利用することで、レイアウトウィザード完了後も「複数のフィールドをまとめて配置」することが可能になりました。

 

■サンプルデータ■

・顧客名簿のレイアウトには、まだ何も配置されていません。
・顧客名簿テーブルには、7つのフィールドがあります。

001-0001

 

■使用方法■

フィールドピッカーは、上部にあるレイアウトモードのツールバーから表示できます。

001-0002
フィールドピッカーは下図のような構成になっています。

001-0003

 

 

では、フィールドを配置していきましょう。

顧客idから都道府県までを選択します。(選択すると色が変わります。)
※Shiftを押しながら選択→範囲選択
 Ctrlを押しながら選択→個別選択

001-0004

選択したフィールドを、ドラッグ・アンド・ドロップでレイアウトに配置できます。

001-0005

↓ 下図のように配置できました。

001-0006

 

▽ドラッグ・アンド・ドロップする際に、オプションで配置方法の変更が可能です。

・フィールドの配置方向(縦or横)

001-0012

・フィールドラベルの位置(左横 or 上 or なし)

001-0013

 

フィールドピッカーでは、他にも様々な機能がついています。

①フィールド名の検索
  配置したいフィールド名で検索し、項目を絞れます。

001-0007

②フィールド名のソート
  表示されているフィールド名をソートできます。

001-0008

③別テーブルの選択
  フィールドピッカーに表示するテーブルを変更できます。

001-0009

④フィールドタイプの変更
  [データベースの管理]を開く事なく、フィールドのタイプを変更できます。
  ※計算・集計の場合は、選択後に設定画面が表示されます。
  ※各タイプのオプション設定は、右クリックで変更できます。

001-0010

⑤新規フィールドの作成
  [データベースの管理]を開く事なく、新規フィールドを作成できます。
  ※計算・集計の場合は、選択後に設定画面が表示されます。
  ※各タイプのオプション設定は、[データベースの管理]から設定が必要です。

001-0011

今までは1つ1つ配置しなければならず大変でしたが、
フィールドピッカーのお陰で効率よく開発ができますね。