FileMaker Server 13 インストールレビュー その1

2013年12月04日 11:06 AM

FIleMaker 13


FileMaker 13 が発売されました!

 

早速FileMaker Serverをインストールしてみたいと思います。

 

今回使用するOSはWindows Server 2008R2です。

新機能を使用してみたいので、IISの役割を追加済みです。

 

早速インストーラを起動すると

 

画像1

 

画像2

 

 

画像3

 

 

画像8

 

 

画像5

 

と見慣れた画面が続きます。

 

次へ次へと進めていくと

 

「!」 初めて見る画面が表示されます。

画像6

どうやら「FileMaker Server を動かすユーザーアカウント」を

指定する項目のようです。

 

が、何のために?という疑問があるので「FileMaker Server 13 入門ガイド」をみてみると

ユーザーアカウントのところに以下のような記載があります。

 

*****

リモートボリュームにデータベースまたはオブジェクトデータフォルダを追加して設定

する場合、アカウントはこれらのリモートフォルダに対する完全なアクセス権を持っている必要があります。

*****

 

オブジェクトデータを外部に保存するときのために使用するのでしょうか。

詳細は後日検証するとして、インストールを先に進めていきます。

画像7

 

画像8

最後の画面が表示されると同時に・・・

画像A

???

何やらみられない警告が表示されています。

 

メッセージを読むと

「ポートを使用しているサイトがあるから無効にするよ」

という内容です。

 

今回はインストール前にIISの役割を追加しておりました。

ですので、このエラーが表示されたようです。

 

気になったので別の環境にてIISがない状態でインストールを

おこなってみました。

びっくりすることにIISが追加されていない状態だと

FileMaker Server 13のインストール中に自動的にIISを追加し

Webサーバーを構成してくれます。

(IISが追加されるのはこの後のFileMaker Server のインストールしているタイミングのようです。)

 

Macの場合はどうなのか気になるところですが

それは別の話題で。

 

さて「Webサイトを無効にする」をクリックし、Bonjour のインストールを進めていきます。

画像9

インストールが完了するとFileMakerのインストールが進みます。

画像10

 

以上画面が表示されインストール完了!

 

この後は「展開アシスタント」が開始されます。

 

そのレビューは次回に!