FileMaker社からClaris(クラリス) International社に社名変更

2019年08月07日 04:50 AM

Claris


2019年8月6日にアメリカはオーランドで開催されている

「FileMaker Developer Conference 2019(DevCon2019)」において、会社名を

FileMaker Inc.からClaris International Inc.に社名変更をすることと、

新しいクラウドサービス「Claris Connect」を発表しました。

「Claris」は1986年にAppleの子会社として設立した際の社名であり

1998年に「FileMaker」と社名変更をするまで使われてきた社名でもあります。

FileMakerプラットフォームは今後のビジネス展開を考えると

既存のクラウドサービスと簡単に融合できるサービスとして

一層発展していかねばならない理由があり

その為にも新たな社名、新たなサービスが必要になったこと。

また過去の社名に対するオマージュだけでなく、「Claris」に元々ある

明快で光り輝くという意味は、現在そして未来の会社のビジョンと一致していること。

などを今回の社名変更の理由として説明しています。

また一方で「FileMaker」はサービスの一環として残していくとのことです。

 

「Claris Connect」はBox、Drop Box,、Salesforce等の150以上もの

サードパーティ製クラウドとをドラックアンドドロップで

簡単に接続ができるようになるサービスとのことです。

この技術を持っているStamplay社をこの5月に買収し

そこの中核メンバーが「Claris Connect」の開発に携わるようです。

 

(上記はあくまでもYes We Canが独自に翻訳・要約したものです。詳しくは下記をご覧ください。)

FileMaker社(Claris社)プレスリリース(外部リンク)

Brad Freitag社長のブログ

Ann Monroe副社長のブログ

Srini GurrapuのClaris Connectのブログ