FileMaker Pro 18 Advanced の新機能【再帰計算できる「While」関数の便利な使い方】

2019年06月12日 10:00 AM

FileMaker 18


前回は、「While」関数の使い方の基本を見てみました。

 

前回の「While」関数のブログ: FileMaker Pro 18 Advanced の新機能 【「While」関数・「SetRecursion」関数】]

 

今回は、具体的な使用例を紹介します。

 

 □■ JSONデータのパースでの「While」関数 ■□

 

具体的な例というのは、ずばりJSONデータのパースです。

V16で、JSON関数が追加されました。

過去のブログで紹介しています。: [FileMaker 16 の新機能 「JSON関数」]

 

しかし、このときに追加された関数で、パースしにくいJSONデータがあります。
それはどんなデータかというと、 下記のような配列の各Valueをリストにしたいときです。

 

//金融機関コードAPI
//https://bank.teraren.com/doc
[
{
“code”: “0000”,
“kana”: “ニツポン”,
“name”: “日本”,
“url”: “https://bank.teraren.com/banks/0000.json”,
“branches_url”: “https://bank.teraren.com/banks/0000/branches.json”
},
{
“code”: “0001”,
“kana”: “ミズホ”,
“name”: “みずほ”,
“url”: “https://bank.teraren.com/banks/0001.json”,
“branches_url”: “https://bank.teraren.com/banks/0001/branches.json”
},
{
“code”: “0005”,
“kana”: “ミツビシトウキヨウUFJ”,
“name”: “三菱東京UFJ”,
“url”: “https://bank.teraren.com/banks/0005.json”,
“branches_url”: “https://bank.teraren.com/banks/0005/branches.json”
},
{
“code”: “0009”,
“kana”: “ミツイスミトモ”,
“name”: “三井住友”,
“url”: “https://bank.teraren.com/banks/0009.json”,
“branches_url”: “https://bank.teraren.com/banks/0009/branches.json”
},
{
“code”: “0010”,
“kana”: “リソナ”,
“name”: “りそな”,
“url”: “https://bank.teraren.com/banks/0010.json”,
“branches_url”: “https://bank.teraren.com/banks/0010/branches.json”
},
….
]

 

 

上記のようなJSONデータを、nameを取得して、それをリストにしたいという場合です。

 

// 取得したい結果
日本
みずほ
三菱東京UFJ
三井住友
りそな
・・・

 

JSON関数で、それぞれを取ってくることは、簡単です。
例えば、

 

結果
JSONGetElement ( JSON; “[0].name” ) 日本

 

ただし、配列のそれぞれに番号を指定しないとパースできません。

ですから今までは、スクリプトで配列の数分Loopして、配列の番号を指定しながらパースした値を一つの改行区切りテキストにする必要がありました。

これを、「While」関数を使用すれば一発で、取得できます。

 

 

結果
// FileMaker「While」

While (
[
//初期変数
~i = 0 ;
~result = “”;
~json = JSON;
~cnt = ValueCount ( JSONListKeys ( ~json ; “” ) )

] ;
//条件
~i < ~cnt;

[
//ロジック
~name = JSONGetElement ( ~json ; “[” & ~i & “]name” );
~result = Case ( not IsEmpty ( ~result ) ; ~result & ¶ ) & ~name;
~i = ~i + 1

];
//結果
~result

)

日本
みずほ
三菱東京UFJ
三井住友
りそな

 

 

上記の金融機関コードAPIを利用したサンプルファイルを作成してみました。

 

ためしに、検索キーワードに、”りそな”と入力してから「検索実行」ボタンをクリックして下さい。 そうすると、プルダウンテキストのところに、”りそな”と”埼玉りそな”と出てきます。

「While」関数で、計算した結果を自動入力しています。

この状態で、「金融機関」フィールドにカーソルを入れると、値一覧に検索された値がプルダウンされます。

 

 

プルダウンから、金融機関名を選択すると、「金融機関コード」フィールドにコードが自動入力されるというサンプルです。
支店については、選択した金融機関の支店が値一覧になるようにしています。

 

 

このサンプルは、下記からダウンロード可能です。

ダウンロードはこちらから(1KB)

いかがでしたでしょうか。

具体的サンプルを確認すると While関数 の便利さが実感出来るのではと思います。