ワールドデンタルショー2018 リポート

2018年10月09日 09:24 AM

セミナー


10月5日(金)〜7日(日)までパシフィコ横浜で開催された「ワールドデンタルショー2018」

に出展しましたので、そのレポートをここでご紹介したいと思います。

 

 

 

ワールドデンタルショー は4年に一度、日本国際歯科学会と同時に開催され、

3日間で約32,000人の方が来場される日本で有数の展示会です。

 

全国から歯科医師、技工士、衛生士の方から海外の方、学生さんまで多くの方が、

お見えになられていました。

業界には門外漢の私たちでも聞いたことのあるメーカー名や商品名が至るところで目がつきました。

 

 

さて私たちはYes!歯科補綴・見積作成システム「Owl View」をご紹介するためにブースを展示しました。

 

このシステムは自費治療を行う患者さんに対して、簡単な操作で

すぐにビジュアル的に説明ができることに特徴があります。

https://ywc.com/business/yes/owlview/

 

 

展示ブースではいらっしゃる先生方に直接システムを操作していただき、

その効果を体験していただく方法でご説明をすることとしました。

そうして何よりも今回このOwl Viewを実際に開発され、ご自身のクリニック

(千葉県稲毛市 恵愛歯科クリニック様)

でもご利用されている杉原先生にお越しいただき、先生ご自身からご説明をしていただけました。

 

 

当たり前といえば当たり前ですが、ご説明に説得力があり、また先生方の専門用語が飛び交う中、

私たちはタジタジでした。

(実は3日間ともブースにまでお越しいただき、勢力的にご紹介をいただき

本当に感謝いたしております。ありがとうございました。)

  

 

数日前までは台風25号の影響も懸念されたのですが

(2017年のFileMakerカンファレンスも同じパシフィコ横浜で、初日は台風の影響を受けました。)

おかげさまで好天に恵まれ、来場者の方々もご家族連れの方もお見えになる程大盛況の会場でした。

そこでもちろん多くの方々にOwl Viewにご興味を持っていただけたのではないかと思っています。