FileMaker Developer Conference 2018 レポート―4日目―

2018年08月13日 05:55 PM

セミナー


いよいよDevConも最終日です。

本日は、FBA DayとCustomer Dayとなっています。

 

Jサミットの先生方が登壇いたしますランチョンセッションがありました。

大規模災害時に救護活動のトリアージの情報処理をFileMakerプラットフォームを利用して行う事例や、地域医療との連携システムをFileMaker Cloudを活用して行う事例などについて紹介されました。

 

 

またCustomer セッションでは、DB Powersの有賀さんと札幌国際大学の学生さんによるスピーカーセッションがありました。

FileMakerキャンパスプログラムについての紹介です。キャンパスプログラムとは大学などの講義でFileMakerを取り入れた事例について紹介です。プログラムを開発するという大掛かりなものから入るのではなく、キャンパス紹介や就職活動ツール等必要なものを作ってみようというアプローチで、直感的に作れてしまうというFileMakerプラットフォームの特徴を最大限活かした事例だと思いました。

 

最終日だけあって日本人の方々も多く参加され、一生懸命英語でスピーチしている学生さんを見て、最後は大喝采。とっても良かったですよ。

 

 

最後はクロージングセッションです!終わってみるとあっという間でした。

FileMaker Excellence Awardsの発表です。

賞が発表されてトロフィーを受け取ると素早く(笑)退場していきます。

今年の日本のFBAの受賞は、

North Asia Growth Partner of the Yearを

ジェネコムさんが受賞しました!

おめでとうございます!!

くやしいので来年はうちも頑張ります!!

 

そして次回のカンファレンス会場は・・・

GetSensor(Location(28.5383°;81.3792°))

 

 

です!

日程は2019年8月5日~9日と後ほど発表されました。

詳しくはこちら→

 

 

ということで、4日間お疲れ様でした。

 

-総括-

今回私は初参加で、1日1日を何とかこなして行くことで精いっぱいで、得た情報や知識を自分の中に吸収できていないものが多いのですが、来年以降発表されるであろう新しい技術や、今後のFileMakerプラットフォームの方向性などが直接感じるこができる貴重な機会だったと思います。

日本のカンファレンスのスピーカーセッションではあまり見ないような題材もあり、またFileMakerの幅広さや奥深さを知ることができました。

あと英語大事だな、と思いました。。。

 

 

DevCon最後の食事はお肉で締めました。