FileMaker 16 プラットフォーム 2017年5月10日発売!

2017年05月10日 10:02 AM

FileMaker 16


早いもので昨年の15発売から1年が経ちました。
本日、2017年5月10日にアイコンも機能も新しくなったFileMaker 16プラットフォームが発売されました。

ファイルメーカー株式会社のFileMaker 16プラットフォームの情報はこちら→
ファイルメーカー社のページ

まず、新しいアイコンがこちら!

ピンクっぽい色から青っぽい色に変更になり、とってもわかりやすくなりました。

 

次に、新しい機能を簡単にご紹介します。
■Windowsのウィンドウ表示がSDI (シングル ドキュメント インターフェイス )に変更!

Windowsユーザは待ちに待った機能ですね。
複数のFileMakerが立ち上がるので、操作性や機能の向上が見込めます。
ただし、今までWindowsでご利用の方は、ウィンドウの閉じるボタンをクリックしただけだとそのウィンドウしか閉じず、他のウィンドウは開いたままなので若干違和感を感じるかもしれませんね。
個人的にはキーボードのショートカットでウィンドウ切替ができるのがうれしかったりします。

Ver.15

Ver.16

 

 

■オブジェクトの一覧表示

こちらは開発者にとってうれしい機能ですね。
レイアウト内に配置されているオブジェクトが一覧で表示され、背面に隠れていたオブジェクトが位置をずらさなくても一覧上で表示切替や条件付き書式の設定などができるようになりました。

     

 

■oAuth (オー オース)2.0でログイン

GoogleやAWS、Microsoft Azureのアカウントでログインができます!

 

その他、FileMaker Data APIやTableauとの連携などなど・・・
ユーザーさんにとっても開発者にとっても便利な機能が多数追加されました。
新しい機能については、本日より毎日少しずつ弊社のブログでご紹介していきますので、是非毎日チェックしてください!

YFMcloud Ver.16対応!
弊社のクラウドサービス「YFMcloud」も発売と同時にVer.16に対応しております。
詳しくはこちら→

Ver.16についてのお問い合わせは是非弊社までどうぞ!