FileMaker 15 プラットフォーム 2016年5月11日発売

2016年05月11日 10:10 AM

FileMaker 15


2016年5月11日(水)FileMaker 15 プラットフォームが発売になりました!

fm15_Banner

ファイルメーカー株式会社のFileMaker 15 プラットフォームの情報はこちら→

 

 

さっそく、気になる新バージョンの新機能や特徴をご紹介したいと思います。

■FileMaker Go 15

①TouchID

TouchIDを設定することにより、IDやパスワードを入力することなくファイルが開けるようになります!

 

②iOS App Extensions

iOSのメッセージやメール、メモなど他のアプリとの連携ができるようになりました。

 

③iBeacon

iBeaconがサポートされました。

 

④3D Touch

3D Touchがサポートされました。

 

⑤クラウドでファイルの共有

FileMakerから作成したPDFや画像をiCloudなどに保存し共有することができるようになりました。

 

■FileMaker WebDirect

モバイル端末対応

Androidなどのスマートフォン端末での動作するブラウザ(Mobile Safari 9.x(iOS 9.1)、Chrome 48 以降(Android OS 5.x or 6.x))などに対応しました。

パフォーマンスも改善されたそうなので、是非Androidも試してみたいですね!

 

■FileMaker Pro 15、FileMaker Pro 15 Advanced

開発者に嬉しい機能が追加されました。

①スクリプトのUndo機能
入力したスクリプトを元に戻したい。

Ctrl+ZやCommand+Zで戻すことができるようになりました。

書いたスクリプトを、一旦実行し確認した後で書く前に戻すことができます。

 

undo1

 

②スクリプトエラーのハイライト機能

実行するスクリプトがない、切り替える先のレイアウトがない・・・などのエラーを赤字でハ

イライトさせることによりエラーの確認がすばやくできるようになりました。

hilight1

 

③マスク付編集ボックス

パスワードなどを入力するフィールドに●などでマスクを設定できるようになり、パスワードを見えなくすることができるようになりました。

mask

 

④ポータルインラインプログレスバー

ソートなどが実行されている際、ユーザーはいままで操作ができなくなっておりましたが、インラインプログレスバーが表示され、ソート中でも操作ができるようになりました。

 

また、ユーザー向けには、スタータソリューションが充実したり、より使いやすいインターフェースにされました。

 

■FileMaker Pro & Server

ESS Adapter

要望の多かったDB2やPostgreSQLが追加され、以下のESSがサポートされるようになりました。

・Microsoft SQL Server 2008 R2
・Microsoft SQL Server 2012
・Microsoft SQL Server 2012 SP1
・MySQL 5.6.12 Community Edition(free)
・Oracle 11g R2
・Oracle 12c R1
・IBM i 7.1(AS/400)(Actual Technologies 製アダプタ経由)
・IBM DB2 10.5(Actual Technologies 製アダプタ経由)
・PostgreSQL9.4.4(Actual Technologies 製アダプタ経由)

→詳しくはこちら

 

■セキュリティ強化

①管理者パスワードの設定
管理者パスワードが設定されていないファイルは、クライアントからサーバーへファイルをアップすることができなくなりました。また、サーバーへ直接ファイルを置いたとしても、クライアントから接続ができないようになっております。

 

②SSL証明書

SSL証明書に、3つのタイプ(中間証明書・ワイルドカード証明書・SAN対応証明書)が追加され、また一般的な証明書ベンダーのサポートもVer.14よりさらに追加されました。

 

などなど、今後も随時新しいバージョンの情報を更新していきますので、是非チェックしてみてください!