FileMaker Pro 14の新機能 「計算式の指定」ウィンドウ について

2015年05月17日 10:00 AM

FileMaker 14


今回は、ファイルメーカー(FileMaker Pro 14)で大幅に変更された 計算式指定のウィンドウ について

簡単ですがご紹介させていただきます。

 

早速ですが、新旧の「計算式の指定」ウィンドウを比較してみましょう。

1

(バージョン13の計算式の指定)

2

(14の計算式の指定)

 


 

こうしてみるとだいぶ違っていることがわかると思います。

では早速利用してみます。

 

計算のスペースを中心にして左にフィールド一覧、右に関数一覧という表示になりました。

関数一覧はパネルアイコンで隠すことも可能です。

計算に使用するフィールド、関数ともに検索、アルファベット順ソートがすることが可能になりました。

3

使用するフィールドのタイプもアイコンでわかりますので、間違ったタイプを選んでしまうようなミスも減りそうです。

関数の検索では例えば「fil」と検索スペースに入力すると3つの関数が表示されました。

演算子のボタンの配置も縦並びで大きく変わっています。


 

4

 

関数一覧で関数名の上にマウスオーバーでポップアップヘルプが出て、簡単な説明を見ることができます。

実はこれでヘルプを開かなくて済むことを期待していましたが、返り値の数値などの内容まではわからないのが

少し残念でした。

が、ポップアップヘルプだけでも情報が有れば、だいぶ役に立ちそうです。

検索機能が充実し、すばやく計算式を作成することができそうです。