システムクリエーター ある日の仕事

  • 9:15

    会社到着。昨日帰り際に同行する予定のコーディネーターから「明日朝、朝礼前の打ち合わせを何とか!」とお願いされたので、ちょっと早めに到着。30分からコーディネーターと簡単な打ち合わせ。これでGranny Smithのアップルパイ確定!
  • 9:50

    全体ミィーティング開始。本日のスケジュールとプロジェクトの進捗確認。

  • 10:00

    業務開始。11:00の打合せまでにお客様からお預かりしたファイルを確認。今回のご要望はバージョンアップだけでよいとのこと。 意外と問題なさそうに見えるので、こういった時は逆にもう一度丁寧に見直してみよう、とじっくりと確認。
  • 11:00

    マネージャーに同席していただきコーディネーターとの打ち合わせ会議。 お客様からお預かりした70ファイル。思ったよりレイアウト数も多く、複雑なリレーションもあるので、お客様の納品希望日にはどうしても添えないことを説明。そこでお客様に必要なファイルを絞っていただくか、納期を延ばしていただくかの相談をし、その上で納品の提案をすることになった。
    コーディネーターの力量に期待。
  • 12:00

    今日のランチはイタリアンのお店でパスタ。評判どおりおいしくて大満足。
  • 12:50

    アポイントにあわせて会社を出る。コーディネーターとの待ち合わせ時間10分前に約束の場所に到着する予定。
  • 13:30

    「Yes!注文くるぞう」の導入が決まっているお客様に、データエクスポートの仕組みを付け加えることで、ご要望が実現できることを提案。コーディネーターがデモをしている間、お客様の表情を見るが、社長様以下皆さんとても満足そう。よかった。
    来月の納品をお約束して会社を出る。コーディネーターも目標が達成できたと喜んでくれた。

  • 15:30

    帰社。先ほど訪問したお客様のエクスポート機能のテストに手を付けた矢先、 別のコーディネーターから、「先週、販売管理システムを納品したお客様のシステムで、請求書が正しく出ないというトラブルが発生している」との連絡が入る。コーディネーターと対応の相談をし、とにかく原因を探ってみることに。リモートでお客様のサーバーに直接アクセスして原因の究明。
    原因はお客様がコードの入力の桁数を間違っていたためと判明。プログラムのミスでなくてほっとすると同時に、こういったミスを防ぐ仕組みをコーディネーターと相談しなければと痛感。
  • 16:00

    テスト作業も特に問題がないため、作成スケジュールを立て、マネージャーと相談。来週は水曜の夜にコンサートがあるので、それまでには作成が完了していないと帰れない!
    どうやら今週末までに80%は仕上がっていないと、完了しない見込み。よーし、頑張るぞ~。
  • 16:30

    現在制作中の学校管理システムの制作を進める。年度更新処理の中でバグを発見。原因を探りながら、修正とテストを繰り返し、正しく動作することを確認。
  • 19:30

    トラブル対応があったため1時間だけ残業申請。今月は10時間を超えてしまった。マネージャーからは「もう残業は許可しないからね」と軽いプレッシャーを受ける。本日・明日のスケジュールを再度確認して帰宅。これから表参道のApple Storeからヒルズにでも寄ってみようかな。

お気軽にご相談ください
平日10:00〜18:00

03-3797-3921

Webからのお問合せはこちら