ファイルメーカーの開発のイエスウィキャン TOP > ボリュームライセンスFAQ



個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ

 

事業紹介 ファイルメーカーシステムソリューション事業

新しいライセンスモデルFileMaker Licensing For Teams 登場!

FileMaker 16 プラットフォームから100名以下のチームに適した新しいライセンスモデルが登場しました。
FLT
FileMaker Licensing For Teams(FLT)はユーザー単位でのライセンスとなり、一つのライセンスで複数のデバイスを利用することができます。
詳しくはこちら→
FileMaker 16 プラットフォームでは、既存のボリュームライセンスもご利用いただけます。

FileMakerプラットフォーム ボリュームライセンス

金額は全て税抜です。

FileMaker Pro 16を単体で購入すると・・・

38,000

 

です。

パッケージで1ライセンスご購入の場合
ところがボリュームライセンスを利用すると・・・

12,600円/年額/1ライセンス

 

となります。

AVLAをご利用の場合

 

最低5ライセンス以上となります。

更に25ライセンス以上の注文になると・・・

9,600円/年額/1ライセンス

 

となります。

ASLAをご利用の場合

 

最低25ライセンス以上となります。

 

ASLAご利用にはいくつか条件が必要です。

上記ASLAでは FielMaker Pro 16 Advancedも!
9,600円/年額/1ライセンス

 

で購入できます。

ASLAをご利用の場合

 

最低25ライセンス以上となります。

 

ASLAご利用にはいくつか条件が必要です。

同じく FielMaker Server 16 も!
9,600円/年額/1ライセンス

 

で購入できます。

ASLAをご利用の場合


最低25ライセンス以上となります。


ASLAご利用にはいくつか条件が必要です。


同時接続は100。

 

最適なプランをご提案いたしますので、弊社までご相談ください。
>今すぐ相談をする

 

 

日本およびNorthAsia地域でライセンス取扱数 No.1の実績

 

ボリュームライセンス導入のご相談は 
取扱経験豊富でありかつファイルメーカー社から
ファイセンス販売を
正式に認定されているリセラーです。
貴社に最適なプログラムをご提案させていただきます。

  (受賞実績)

New Customer Sales Driver of the year 2011
FileMaker Excellence Award for Business Driver of the Year 2012
FileMaker Excellence Award for Business Driver of the Year 2013
License Business Driver of the year 2012
License Business Driver of the year 2013 

  FAQ  
Q1 ボリュームライセンスのメリットは?  
Q2  イエスウィキャンに相談するメリットは?  
Q3 ボリュームライセンスの種類は?  
Q4  ライセンスにもアカデミック版はありますか?  
Q5  NPO法人なのですが。  
Q6  「同時接続」とはなんですか?  
Q7  どれを導入してよいかわかりません。  
Q1 ボリュームライセンスのメリットは?
1 通常の価格より割安となります。したがって初期費用を抑えることが出来ます。
2 購入後1年以内にファイルメーカーのバージョンアップが有った場合、そのアップグレード費用は無料です。
3 インストールに必要なライセンスキーがひとつですので、管理の手間が省けます。
▲ページトップに戻る
Q2 イエスウィキャンに相談するメリットは?
1 最適なボリュームライセンスプログラムをご提案いたします。
2 購入に必要な手続を一切代行いたします。
3 ファイルメーカープログラムの改良やバージョンアップのお手伝いもいたします。
4 あわせてネットワークの構築や整備等もご相談いただけます。
▲ページトップに戻る
Q3 ボリュームライセンスの種類は?
2種類、2種類のあわせて4種類あります。
VLA(ボリューム ライセンス アグリーメント)
  5ライセンス以上の一括購入から適用されます。25、50、100とライセンスが増えるほど割安となっていきます。
SLA(サイト ライセンス アグリーメント)
  25ライセンス以上から適用されます。VLAと大きく異なる点は「全従業員数」 が購入するライセンス数になることです。 更に従業員の方が増えても、当初の申込ライセンス数の「10%」未満の場合、追加での購入が必要ありません。 (但し、メンテナンス更新時に追加分の申請も必要となります)
例) 従業員50人の会社。全員で利用するために、FileMaker Proを購入する場合
 
ケース1)パッケージで購入 38,000円×50 = 1,900,000円
ケース2)VLAで購入 32,700円×50 = 1,635,000円
ケース3)SLAで購入 26,400円×50 = 1,320,000円
VLA,SLAで購入した場合、1年以内にバージョンアップがあった場合、無料でバージョーンアップが出来ます。
SLAで購入した場合、4台まで追加購入が必要ありません。
AVLA(アニュアル ボリュームライセンス アグリーメント)
  ライセンスの有効期間が1年に限定された、1年ごとに更新可能なプログラムです。おおよそVLAの1/3のコストですので初期費用を下げることが出来ます。
例) 50ライセンスを4年間利用する
 
ケース1) VLAで購入 2年目以降メンテナンスを更新する
初期費用 32,700円×50 = 1,635,000円
  2年目以降   6,540円×50ライセンス = 327,000円
      4年間合計  2,616,000円
ケース2) AVLAで購入 2年目以降4年目まで更新する
  初期費用   10,900円×50ライセンス = 630,000円
  2年目以降   10,900円×50ライセンス = 630,000円
      4年間合計  2,520,000円
AVLAで購入すると初期費用は約100万円、トータルで約10万円のコストダウン。
SLAで購入した場合、4台まで追加購入が必要ありません。
更にASLAだと初期費用を約120万円。トータルでは約85万円ものコストダウン。
▲ページトップに戻る
Q4 ライセンスにもアカデミック版はありますか?
はい、ございます。VLA、AVLAをご用意いたしております。対象となる教育機関は文部科学省あるいは厚生労働省認可の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、専修学校、盲学校、聾学校、養護学校、各種学校などです。 詳しくは弊社までお問い合せください。
▲ページトップに戻る
Q5 NPO法人なのですが……。
NPO 法人の皆様には、VLAとAVLA をさらにお得にお求めいただける NPO 法人価格をご用意しております。 詳しくは弊社までお問い合せください。
例)FileMaker Pro VLA5ライセンス
  通常 34,200円 → 22,680円  (1ライセンスあたり)
▲ページトップに戻る
Q6  同時接続とはなんですか。
FileMaker GoおよびFileMaker WebDirectを利用してFileMaker Serverに接続する場合、最大同時接続をしている数の「同時接続」ライセンスが必要となります。FileMaker Serverには「同時接続」が「1」あらかじめついています。
また同時接続の購入単位は「5」ずつ、「50」以降は「75」「100」までとなっております。
▲ページトップに戻る
Q7 どれを導入してよいかわかりません。
そういった場合は是非弊社までご相談ください。19年、400社以上の導入実績を持つだけでなく、ファイルメーカー社の研修を受けた経験豊かなご相談担当者が、お客様の状況に合わせて最適なプログラムをご提案いたします。
▲ページトップに戻る
※上記金額には消費税は含まれていません。
Copyright Yes We Can co.,Ltd All Rights Reserved.