Claris Connect (クラリスコネクト) の提供がスタートしました。

2020年03月04日 06:11 PM

ニュース

Claris International Inc.(以下Claris社)の新しいクラウドサービス「Claris Connect(クラリスコネクト) 」の提供が2020年3月4日(日本時間)にスタートしました!

Claris Connect は、FileMaker (ファイルメーカー) プラットフォームはもちろん、Office365やDropbox 、Twitterなど様々なアプリを組み合わせて自動化させることができるサービスです。

 

クラリス社プレスリリースはこちら

 

今回はClaris Connect の簡単な紹介と価格についてお伝えしたいと思います。

1.Claris Connect とは

2.Claris Connect の価格

  ・2つのプラン

  ・15日無料評価版 

 

1.Claris Connect (クラリスコネクト)とは

 

Claris Connect はApple の子会社であるClaris社が提供する業務自動化ツールです。

2019年8月6日のFileMaker社の社名変更と同時に製品の発表が行われたのち、2020年3月3日(アメリカ時間)に正式に提供がスタートしました。

Claris Connect を使えば、アプリケーションと動作を選んで組み合わせるだけでフロー(自動化させる一連の流れ)を作成することができます。

データベースは FileMaker 、営業支援ツールはSalesforce、ファイル共有サービスはBoxといったように、社内で様々なアプリを使い分けている方は多いのではないでしょうか?
Claris Connect で、これらのアプリで行う業務を一つのフロー内で自動化することができます。

現在利用できるコネクタ(アプリケーション)はOffice365やDropbox 、Twitterなどの約50種類です。

 

Claris Connect コネクタ:クラリス社サイトより

主な機能:クラリス社サイトより

 

※Claris Connect は日本での利用が可能ですが、現在は日本語への対応はされていません。
また、サポートも英語のみですのでご注意ください。

 

2.Claris Connect (クラリスコネクト)の価格

 

2つのプランが用意されています。

 

Essentials(ライトプラン) 

10,160円(税別)/1カ月

稼働フロー上限数:3

API リクエスト:月間 10,000

接続可能な App 数:3

★拡張パック  5,130 円(税別):月間 5,000 の API リクエストを追加。

 

Standard(スタンダード プラン)  

25,550円(税別)/1カ月

稼働フロー上限数:6

API リクエスト:月間 50,000

接続可能な App 数:無制限

★拡張パック 10,260 円(税別):月間 15,000 の API リクエストと 1 つの稼働フローを追加。

 

※FileMaker のカスタム App は「接続可能なApp数」にカウントされません。

※どちらのプランも支払いは年単位です。

 

Claris Connect のご購入:クラリス社サイトより

 

○最後に

Essentials(ライトプラン)には15日間の無料評価版が用意されています。

どちらのプランが自分にちょうどいいのか、そもそもClaris Connect が自分の業務にあっているのか分からないという方は、無料評価版で体験してみてはいかがでしょうか。

ClarisConnect 無料評価版はこちら

近日中に無料評価版の利用方法についてのブログを公開しますのでぜひご覧ください。

↓Claris Connect (クラリスコネクト)に関連するブログ↓

Claris Connect (クラリスコネクト) を使ってみよう!-カスタム App からスマホへSMSメッセージを配信してみる-

Claris Connect (クラリスコネクト) を使ってみよう! -オンプレミスと連携【前編】-

Claris Connect (クラリスコネクト) を使ってみよう!-Webhook(ウェブフック)の認証設定-