ファイルメーカーの開発のイエスウィキャン TOP > スペシャルコンテンツ
 

スペシャルコンテンツ
このページでは、毎月弊社の若手4名によるお楽しみコンテンツや、FileMakerに関するイベントなどの情報をご紹介しています。
お昼休み中の暇つぶしや業務時間中の気分転換などに是非ご覧ください。
新人4名による月1コンテンツ

雨ニモマケズ、6月のスペシャルコンテンツは、
弊社の開発の要、クリエーターインタビューです。

■クリエーター部門では、どんな仕事をしていますか?

●開発者

FileMakerを用いて、お客様の会社で仕事に必要なシステムを開発しています。
テスト、打合せ、調査、工数出し、資料作成なども行います。 社外の方にお会いする事はあまりなく、社内の方と連絡・連携することが多いです

●開発側のマネジメント

「開発者」というプレーヤーを支える、部活のマネージャーのようなものです。
プロジェクトごとに、人員、時間、外注さんへの発注、利益などを計画・把握して、 日々進捗を確認し、各所を調整します

■1日の流れ

  • 9:30 その日にやる案件の内容や時間配分の確認
  • 10:00 システム開発
        (午前中は一番集中できる時間帯なので、本業の開発業務に専念!)
  • 12:00 お昼休憩
  • 13:00 会議
        (お昼後は眠くなってしまうので、
         話す業務や集中力をあまり必要としない業務をいれます。)
  • 14:00 アンケート回答
  • 15:00 開発・調査業務
        (眠気も抜けてくるので、ここらへんで開発業務を再開。)
  • 18:30 中途半端に時間が余れば、書類処理などその日の内容の確認と残件が
        あれば残業もします。

■仕事中、どんな時に嬉しいと感じますか?

テストしたシステムが納品され、何事もなかった時。
(嬉しいというか、ホッとします。)
難しいことや、今までやっていなかった新しいテクニックが 使えてうまく動作すると嬉しいです。 隣の人に無理やり嬉しさを共有してもらうこともあります。
作っている機能がうまく動いた時、一人で喜びを噛みしめます。
普段、簡単な修正等ちょっとしたことでもお礼を言われる時。
初案件で作成したアンケートシステムが、 情報収集を問題無く完了したと報告を聞いた時は嬉しかったです。 家に帰ってから、家族に話して喜びを共有しました。

■仕事中、どんな時に難しいと感じますか?

お客様の業務フローがわかりにくい時
お客様のご希望の内容が、自分の中できちんと落とし込めない時。
システムテストをしていて、想定と違う動きをしたり、 同じように操作しているつもりでも毎回挙動が異なったりして、 何が正しい動きなのか、わからない時。
予定していたとおりに物事が進まない時
システムに1箇所変更を加えた際、 その変更がどこまで影響するか把握しようとする時。

■難しい場面に直面した時、どうしますか?

分かっていることは言葉にして、フローをトレースし、 どこが分からないかを明確にして相談する。
気分転換に他の仕事をする。
先に時間を決めて解決方法を考える。 時間が来てわからなかったら相談する。
頭で考えるだけではごちゃごちゃになるので、 紙に図や言葉で書いて考える。
とりあえずコーヒーを飲んだり、おやつを食べたりして 気分をリフレッシュさせる。

■仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

お客様に関して

  • ・お客様の立場・視点になって考える。
  • ・お金をいただくに値する仕事をする。
  • ・提供できる価値が何なのか、ときどき思い出す。
  • ・お客様の想像しているものより、少し上のサービスを提供する

開発作業に関して

  • ・もっとよりよい方法がないか考える。
  • ・本当に必要なことなのか考える。
  • ・理解があやふやなまま業務を進めない。
  • ・自分で後からきちんと思い出せるようにする。
  • ・丁寧に作り、自分の中で混乱しない。
  • ・期限より前倒しで終わらせられるようにする。

全体を通して

  • ・どんな時も気持ちに余裕を持つ。
  • ・優先順位と仕事の重要性のバランスをとる
  • ・基本的な確認や報・連・相を常に意識する。
  • ・とにかく手を動かす。

■部署として、また個人として、3年後どうなっていたいですか?

部署として

  • ・会社内での共有や社外への情報発信、社外からの情報取得を盛んにしたい。
  • ・みんな元気で健康でいたい。
  • ・人数が多く、みんなでわいわい技術を共有できるようにしたい。
  • ・個人の個性が生きて、連携がスムーズな部署にしたい。
  • ・個人の能力が高く、一人ひとりが得意な分野を持っているようにしたい。
  • ・開発以外に研究に時間を割くことができて、協力会社さん、パートナーさんも増えて、楽にたくさんのシステムを納品できるようにしたい。

個人として

  • ・FileMaker+αができるようになりたい。
  • ・東京オリンピックの年ということもあるので、もっと社会に貢献できるような人間になりたい、世の中の過労低減と楽しい仕事に貢献したい。
  • ・しっかりと長期的な目標を立て、目的をもって活動を行っていきたい。
  • ・何かあっても心に余裕を持って、冷静に物事を客観視できるようになりたい。
  • ・柔軟性や度胸を身につけたい。
  • ・今よりもう少しスタイリッシュで使い勝手の良いシステムが作れるようになっていたい。
  • ・「これについては、こいつに任せれば大丈夫」という頼られる人になりたい。
  • ・幅広い知識を有し、より良い提案やシステムを短い期間で開発できるようになりたい。
FileMaker最新情報
■2017年6月22日(木) FileMakerワークショップ
「新機能満載!FileMaker 16 プラットフォームを体験してみよう。」
詳しくは
こちら→

■過去に公開したスペシャルコンテンツはこちら■

  2017年1月
  2017年2月
  2017年3月
  2017年4月
  2017年5月
Copyright Yes We Can co.,Ltd All Rights Reserved.