SSLサーバ証明書とFileMaker Server

2015年05月11日 10:10 AM

FIleMaker 13


先日、FileMaker Serverの導入をご検討いただいているお客様から

セキュリティをしっかりさせた環境の構築をしてほしいと依頼がありました。

当初、VPNでの構築をご検討いただいていたのですが

拠点が不特定多数あるためその都度VPNの構築は手間とコストがかかるので

FileMaker Serverに「SSLサーバ証明書」をインストールして運用しようということになりました。

 

まず、「SSLサーバ証明書」とは何かといいますと

ウェブサイトの所有者の情報、送信情報の暗号化に必要な鍵、証明書発行者の署名データを持った電子証明書です。

 

SSLサーバ証明書には主に以下の役割があります。

・証明書に表示されたドメインの所有者であることの証明

・ブラウザとウェブサーバ間でのSSL暗号化通信の実現

 

FileMaker Serverに「SSLサーバ証明書」をインストールすることによって

FileMaker Server と FileMaker Pro、FileMaker Go、および Web クライアントとの間の保護された接続が確立されます。

 

 

 

FileMaker Server13でのSSLサーバ証明書のインストールはAdmin Consoleで以下の項目にチェックをします。

 

 

1

 

 

※但し、デフォルトでインストールされる標準の FileMaker SSL 証明書はテスト目的でのみの使用になり、業務で使用する際には、カスタム SSL 証明書が必要になります。

 

FileMaker をサポートしている販売元からカスタム SSL 証明書は以下になります。

http://filemaker-jp.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/12130/kw/

 

弊社ではFileMaker Server運用構築における専任の技術者がおりますので

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。